POWERED by PASONA CAREER
トップ > 面接攻略マニュアル > 第13回 必ず聞かれる「自己PR」
プロが教える 面接攻略マニュアル

必ず聞かれる「自己PR」


『自己PR』で受かる人、落ちる人


■印象に残る自己PRをするには
面接での自己PRには二つの側面があります。ひとつは、経験・実績といった過去の事実の説明です。もうひとつは、人間性や性格といった面のアピールです。
経験・実績については、右図の自己アピールキーワード集に示した成果をあらわす言葉を参考に、実績・期間・人数といった数字をもとに、4W1H(WHAT、WHEN、WHERE、WHO、HOW)にまとめます。

特に、応募企業が求めている条件に合致するアピールポイントがあれば、そこに重点を置いて実績を述べると効果的です。
控えめな表現をする人が多いのですが、事実の説明ですから、自信を持って堂々と述べてください。さらに、その経験をもとにして新しい会社での抱負についても述べることができれば、よりよい印象を与えられるでしょう。

■性格的な長所はエピソードで披露
ただし、人間性・性格については控えめな表現を心がけましょう。そのためには、相手に自分の長所を理解してもらえるようなエピソードを披露することです。
エピソードは「転職ノート」にまとめてあるはずですから、これを面接のときに話します。
できれば、三十秒で話せる内容と、二〜三分程度で話せる内容の、二つのバージョンを用意しておくとよいでしょう。

次回予告
第14回   よく聞かれる『なぜ転職を考えたのですか?』

出典: プロが教える「ほしい!」と言わせる転職バイブル
株式会社 パソナキャリア 代表取締役社長 渡辺尚著
あさ出版