POWERED by PASONA CAREER
トップ > 面接攻略マニュアル > 第11回 必ず聞かれる「退職理由」
プロが教える 面接攻略マニュアル

必ず聞かれる「退職理由」


『退職理由』で受かる人、落ちる人

■「納得できる」答えを用意しておく
私は仕事がら、採用担当者から、面接についての感想を聞くことがあります。その時に意外なほど多いのが、「なぜ退職するのですか」とたずねても「なるほど」と思う答えに出会うことが少ないという感想です。
特に新聞・雑誌などで公募した場合に、そういったケースが多く、「一生を左右するかもしれない転職に臨む姿勢とはとても思えない」と感じることがしばしばだそうです。

応募条件に合っていることをアピールするばかりだったり、条件は満たしていないが自分のよさを知ってほしいとか、面接のため、入社のための話に終始する人が多いというのです。これでは、面接担当者の納得は得られません。
ですから面接にあたっては、相手に「なるほど」と思わせるような退職理由をあらかじめ用意しておきましょう。

■消極的な理由は言わない
ただしこれもポイントがあります。
転職したいと思うきっかけには、消極的な理由と積極的な理由の二種類があります。

消極的な理由は、次のようなものです。
「今の会社がイヤだから」
「職場での人間関係がうまくいかない」
「自分を評価してくれない」
「給与・昇給・昇格など、待遇が不満」
「今の会社や業界に対する将来的な不安」
「リストラ・解雇などの会社都合」


積極的な理由は、次のようなものです。
「自分に合った仕事を見つけるため」
「キャリアアップをはかるため」
「自らの能力をもっと発揮するため」


採用担当者が退職理由を聞くのは、応募者が前向きな理由で退職する(した)のか、それとも消極的な理由で退職する(した)のかを判断するためです。
ホンネのところは、消極的な理由の人が多いかもしれません。しかし、転職を成功させたいと思うのであれば、それをそのまま答えてはいけません。

応募者がどんなに優秀でも、マイナスイメージの理由をストレートに答えると「安易に転職する人ではないか」「採用してもすぐに辞めるのではないか」と警戒されてしまいます。 退職理由で落とされないためには、今の(前の)職場に対する不安や不満(仮にそれがホンネであっても)による転職希望ではなく、真剣に自分のキャリアプランを考えた結果の転職希望であることが伝わるように、表現に工夫しなければなりません。
採用担当者の中には、「今の職場がイヤだから、不満があるから転職したい、という人は、たいていとおりませんね。自分の都合で転職して成功するほど、世の中甘くありませんよ」と断言する人もいます。

ですから、今の職場がイヤだからというニュアンスが感じられる答えは禁物です。「今の職場には満足しているが、さらに大きな舞台で自分の力を試したい」といった前向きな転職理由にすべきです。


次回予告
第12回   必ず聞かれる「職務経歴」

出典: プロが教える「ほしい!」と言わせる転職バイブル
株式会社 パソナキャリア 代表取締役社長 渡辺尚著
あさ出版