POWERED by PASONA CAREER
トップ > 面接攻略マニュアル > 第10回 必ず聞かれる「志望動機」
プロが教える 面接攻略マニュアル

必ず聞かれる「志望動機」


面接で必ず聞かれる質問が四つあります

「志望動機」「退職(転職)理由」「職務経歴」「自己PR」です。
これら四つの質問に答えるコツとポイントを、説明していきましょう。
転職の本や面接の本には、「こう聞かれたら、こう答えなさい」ということが書かれていますが、マニュアルどおりにいかないのが面接です。模範回答を暗記してそのまま繰り返すようでは、どこの企業からも採用されません。

あなた自身の言葉で、あなたの魅力を一〇〇%伝えられるように、ポイントをつかみ、繰り返し面接の練習をしてください。
なかには、面接はありのままの自分を見せればよいのだから、「ぶっつけ本番で!」という人もいますが、即興で考えた答えでは「熱意」や「真剣さ」は伝わりません。それどころか、一瞬では考えがまとまらず、支離滅裂になるのがオチです。率直に自分を表現するためには、それなりの準備が必要なのです。
ストレートに説得力を持って自分をアピールするために、どのように答えるか、十分に準備しておいてください。


『志望動機』で受かる人、落ちる人

「会社で何をやりたいか」を話す
面接では、必ず志望動機を聞かれます。その時「なぜこの会社で働きたいのか」「なぜこの仕事をしたいのか」がはっきりしていない人は、なかなか採用されません。

二つの「なぜ」を明確に
そのためには、
「なぜこの会社か」
「なぜこの仕事か」
という二つの「なぜ」を面接前に明確にしておかなければなりません。

志望動機がはっきりしていれば「やりたい」気持ちも強くなり、モチベーションもおのずと高まってきます。その結果、面接担当者に対する説得力も強くなるのです。
ですからこの質問がきたら、「なぜ同業他社でなく、この会社を選んだのか」というところに重点を置き、もし採用されたら「この会社で何をやりたいか」を述べます。志望動機イコール「何をやりたいか」を聞かれていると思っていいでしょう。

単に「やりたい」と訴えるだけでは面接担当者の心は動かせません。
自らの職務経験・実績と、企業が必要としている人材像・能力・経験を結びつけて職務遂行能力を示したうえで、「なぜ御社で働きたい」のか、「何をやりたい」のかを説明することが重要です。


次回予告
第11回   必ず聞かれる「退職理由」

出典: プロが教える「ほしい!」と言わせる転職バイブル
株式会社 パソナキャリア 代表取締役社長 渡辺尚著
あさ出版