POWERED by PASONA CAREER
トップ > 面接攻略マニュアル > 第4回 みだしなみチェックリスト
プロが教える 面接攻略マニュアル

みだしなみチェックリスト


清潔感をテーマに

服装は清潔感のあるものをめざします。髪型やアクセサリー等の小物も、面接担当者の印象を左右する身だしなみの注意点です。
「清潔感」をテーマに、ビジネスパーソンとして恥ずかしくない格好を心がけましょう。
流行の「茶髪」や「無造作ヘア」は、まだまだ市民権を得ているとはいえません。

人を見るときは、「まず足元から」といわれるように、靴が汚れていたりボロボロだったりしては、印象が一気にダウンしてしまいます。
面接の前の日に、ピカピカに磨いておきましょう。
靴下もカジュアルなものは厳禁です。

また鞄は、A4サイズの書類が入るものがよいでしょう。企業からもらった会社案内などはこのサイズのものが多く、手に持ったままだと、ぞんざいな扱いをしてしまいがちだからです。
鞄のなかには、応募資料一式と、スケジュールを記入する手帳を入れておきます。次の面接の日時をその場で決めることがあるからです。

さらに「におい」にも気を配りましょう。口臭を含め、くさいのはもってのほかですが、自分では気に入っている香水や整髪料の香りも、きつすぎると不快な印象を与えてしまうことがあります。
面接はビジネスパーソンとしての評価の場です。相手に違和感を持たせないようにするのが、マナーというものです。


次回予告
第5回  本番であがらないためのリラックス法

出典: プロが教える「ほしい!」と言わせる転職バイブル
株式会社 パソナキャリア 代表取締役社長 渡辺尚著
あさ出版