POWERED by PASONA CAREER
トップ > 面接攻略マニュアル > 第3回 面接で好印象を得るためのハウツー集
プロが教える 面接攻略マニュアル

面接で好印象を得るためのハウツー集


第一印象は言葉以外で決まる

面接では、実は話す内容以上に、印象が重要になります。
面接担当者は、応募者が退室してからすぐに評価を記入します。時間をおいてしまうと、記憶が薄れるからです。

この時、好印象であれば全体的に肯定的な書き方になります。逆に印象が悪いと、どうしても否定的な言いまわしになってしまいます。
ですから「印象」が重要なのです。

アメリカの心理学者、A・メーラビアンの調査によると、第一印象を決定づけるものとして最も重要なのは、表情・身ぶり・手ぶり・Vゾーン(男性の場合。女性は口もと)といった外見の部分が五五%で、続いて声の大きさ・高さ・抑揚といった部分が三八%、言葉・話の内容はわずか七%という結果になっているそうです。 これくらい、人の第一印象は言葉以外の要素によって左右されるのです。


ビデオで自己チェック

しかし、表情や身ぶり、手ぶり、声の大きさ、高さ、抑揚というものは、自分ではなかなかわかりません。
たとえば自分では明瞭に話しているつもりでも、人には聞き取りづらいと思われているかもしれません。挙措動作でも、「なくて七癖」といわれるように、自覚していない癖があったりします。

では、自分の表情や声はどんなふうなのか。自分では気づいていない癖があるのではないのか。これを知り、修正するうえで効果的なのが、模擬面接の様子をビデオに撮って、見てみることです。
自分の姿が他人にどう映っているかをチェックするために、ビデオを正面に置き、模擬面接を行って自分の受け答えを撮影してみてください。再生して自分自身を見てみると、癖や声の抑揚が、考えていたのとはかなり違うことに気づくはずです。
顔の表情も、自分では快活な笑顔のつもりが、ニヤけて見えたり、硬く見えたりするということもあります。

姿勢も、背筋を伸ばしているつもりが、前かがみだったり、逆に反り返った感じになっていることがあります。どの程度の胸の張り方がいいのか、ビデオに撮って見てみると、客観的わかるものです。
ビデオでのチェックポイントの基本は、明るくさわやかで自然体、なおかつ言語明瞭であるかどうかということです。

また、表情や話し方に加えて、お辞儀の仕方や着席方法、敬語の使い方も練習しておく必要があります。
面接の場で足を組んだり、ふんぞり返って座るのはもってのほかですし、話すときは当然、敬語を使います。これらは基本的にはビジネスマナーの問題です。自分の「癖」よりはるかに修正しやすいことなので、早めに習得しておいてください。


次回予告
第4回  みだしなみチェックリスト
「清潔感をテーマに」

出典: プロが教える「ほしい!」と言わせる転職バイブル
株式会社 パソナキャリア 代表取締役社長 渡辺尚著
あさ出版